施術者ご紹介

◯施術者の紹介
名前:松島 徳征(まつしまとしゆき)
この名前は治療家としての名で、本名は松島 俊之です。
読みは同じで、漢字をあてています。

◯経歴
1999.03 三田学園高等学校卒業
2002.03 大阪府立大学 工学部 中退
2006.03 行岡鍼灸専門学校(現 大阪行岡医療専門学校 長柄校) 鍼灸科 卒業
2006.04 有限会社ヒーリング・プラン 入社
2008.06 松島訪問マッサージ 院長として独立
2012.07 株式会社みやび 代表就任
2015.07 みやび訪問マッサージ治療院 院長
2017.12 現在も継続中

上記の11年半の間は、主に医療保険を使った訪問マッサージの仕事をしています。
訪問マッサージとは、手足が不自由などの理由で通院困難な患者さんのご自宅や、入居されている施設などに伺って施術をする仕事です。

◯取得した資格
・あん摩マッサージ指圧師
・はり師
・きゅう師
・簿記2級

◯アルバイト歴
大学生→専門学生→社会人1年目まで、家庭教師と塾講師を8年間していました。

その他、郵便局で年賀状の仕分け、弁当工場の短期バイト、食品会社の早朝バイトなど。

振りかえると、大学生の家庭教師のアルバイトの頃から18年余り、人の家に訪問する仕事をやり続けていることになります。

◯スポーツ歴
中学、高校は陸上競技部で短距離の選手でした。
大学ではアメリカンフットボール部に所属していました。

最近は、自分の身体と向き合い、それを施術に活かすためにスポーツジムに通ったり、格闘技を習ったりしています。

◯所属団体
・日本マッサージ師支援協会
2008年に独立した時から正会員として所属しています。現在は理事も務めています。ここでは訪問マッサージの仕事をしています。

・大上メソッド、大上徒手医学研究所
2期生として2016年から所属し、現在も継続中です。

森ノ宮で開業されている大上先生に師事。
“大上メソッド”という治療法を中心に、理論や技術はもちろん、治療家としての考え方や哲学、あり方を学んでいます。

・臨床伝統医療研究会
鍼灸専門学校の学生時代から、約8年間所属し、通年のセミナーに参加していました。

この研究会では、高槻で開業されている羽山先生に師事。
東洋医学や古法あん摩、各種マッサージ、オステオパシーなどを学び、治すための実践的な内容のセミナーを受講していました。